オーガニックシャンプー おすすめ ランキング

MENU

おすすめオーガニックシャンプーランキング|人気のシャンプーは?本物は?

シャンプーといってもいろいろあります。
その中で最近はオーガニック商品が注目されています。
オーガニックシャンプーもあれば化粧品もあります。
当サイトではおすすめのオーガニックシャンプーを紹介していきます。
オーガニックシャンプーを利用したいという方の参考になれば幸いです。

おすすめオーガニックシャンプー

Herb Garden(ハーブガーデン)

ハーブガーデンは自然由来成分99.9%のオーガニックシャンプーです。
体に良くないといわれている化学合成成分は使用されていないので肌にも優しいのではないでしょうか。
商品のポイントは水でオーガニックハーブが使用されているハーブウォーターがベースになっています。
さらに26種類の天然エキスが配合されているというのもポイントです。
ハーブガーデンにはシャンプーとコンディショナーがありセットで利用するのも良いのではないでしょうか。

 

公式サイトで確認⇒Herb Garden(ハーブガーデン)

ジョンマスター イブニングプリムローズシャンプー

ジョンマスターといえばオーガニックに特化した商品を販売しているお店です。
シャンプーもいくつか販売しておりその中で人気になっているのがイブニングプリムローズシャンプーです。
月見草油:やホホバ種子油などが配合されており、乾燥を防ぎ潤いを与えてくれるということなんです。
他ではラベンダーローズマリーシャンプーなども人気になっています。

 

公式サイトで確認⇒イブニングプリムローズシャンプー(ジョンマスター)

HANAオーガニック ピュアリシャンプー

HANAオーガニックは天然100%の国産オーガニックコスメを販売しています。
シャンプーもいくつか販売しており、ピュアリシャンプーが人気になっています。
ピュアリシャンプーの特徴は様々な美容成分や油などが配合されておりまるで美容液のようなシャンプーです。
天然で美容成分なども配合されていることもあってだとは思いますが、ボディソープ、シャワーバスとして全身に使うことができます。

オーガニックシャンプーとは

オーガニックシャンプーといっても、たしかな基準があるわけではありません。
オーガニックということばは、有機栽培の意味で、化学合成農薬や化学肥料に頼らず、その土壌の持つ力を活かして栽培する農法のことをさします。
ですからオーガニックの農産物にはその生産過程に一定の基準がありますが、シャンプーの場合は各会社にゆだねられているのが現状です。

 

一般的には、オーガニックシャンプーも、化学合成成分を極力減らすか全く使わないなど、自然由来の成分を主に使用して作られていることが多いです。
しかし、前述したとおり、はっきりしたオーガニックシャンプーの基準はないので、ほんの少量のオーガニック原料を使用しているだけでも、オーガニックシャンプーと名乗ることは可能になってしまっています。

 

ですから、なるべく自分自身でシャンプーの成分表記を確認してみることが大切です。
自然由来成分が多く使われていても、同時に防腐剤や品質安定剤も多く使われている商品もあります。
また、完全に自然成分のみからつくられている商品も存在します。

 

オーガニックシャンプーと名がつくからと言ってすべての人の肌に合うわけではないので、しっかりと見極めることが大切です。

安全性が高く髪にも優しいオーガニックシャンプーを始めよう

どんなに流行のファッションで決めていても、メイクがばっちりでも、髪が傷んでいたらすべてが台無しになってしまいます。
美しい髪というのは、単に綺麗というだけではなく知的さや清潔さにも繋がります。
このように、髪は自分のイメージを大きく左右するものなので、オーガニックシャンプーで優しいケアをしていきましょう。

オーガニックとは

オーガニックとは有機栽培という意味で、化学肥料や合成農薬などを使わない土地で栽培されたものです。
ただ、オーガニックと認められるには、定められている基準をクリアしていなくてはいけません。
国によってオーガニックの基準は異なりますが、基本となるのは以下の3つです。
栽培する土地は3年以上農薬や化学肥料を使用していないこと、農薬や化学肥料は使用しないこと、原材料は遺伝子組換ではないことです。
他にもいろいろな基準がありますが、それらをすべてクリアしたものだけがオーガニックとなります。

シャンプーの安全性

基本的に、シャンプーは安全が認められている成分しか使われていません。
ですが例え安全とされている成分でも、使い続けることによって害がでるものがあるのです。
よく耳にするものだと、シャンプーや食器用洗剤、化粧品などに使われる石油系合成界面活性剤が挙げられます。
石油系合成界面活性剤は、1回に使用する量が体内に入っても害はありませんが、使い続けると体内に蓄積してアレルギー症状を引き起こしたり、大きなダメージを与えて機能を低下させる原因にもなります。
これは原料に使われる農薬や化学肥料などにも言えることなので、髪のダメージを防ぐには安全性が高いものを選ぶ必要があるのですね。

オーガニックシャンプーとはどんなシャンプーなの?成分を見てみよう

オーガニックシャンプーと聞くと、それだけで髪に優しいイメージがありますが、もっとも大事なのは使われている成分です。
しかし、原料はオーガニックシャンプーであっても頭皮や髪に良くない成分が使われていることもあるのでしっかりチェックしましょう。

オーガニックシャンプーとは

オーガニックシャンプーの定義としては、一般的なシャンプーに使われる石油系合成界面活性剤や合成香料、合成着色料など化学合成物質を使っていないということが挙げられます。
ただし、オーガニックとうたうには決められた基準をクリアしていなくてはいけませんが、オーガニックシャンプーに対しての基準はありません。
もちろんオーガニックシャンプーというからには、髪や頭皮に優しい成分を使っているのが一般的ですが、中には少量のオーガニック成分を配合しているだけでオーガニックシャンプーとうたっているものもあるので注意しましょう。

悪い成分を見分けるには

オーガニックシャンプーであっても、使用している成分はメーカーごとにまったく違います。
ですので成分をチェックするときは悪い成分が入っていないか見てみましょう。
もっとも避けたいのは、ラウレス硫酸Naやラウリル硫酸Naという成分です。
これらは界面活性剤の一種でシャンプーによく使われていますが、タンパク質を変性させたり、頭皮の皮脂を過剰に取りすぎて乾燥を引き起こします。
また、メントールは肌の水分を揮発させますし、シリコンは化学物質になるのでオーガニックシャンプーでもこのような成分が入っているものは選ばないようにしましょう。

敏感肌やアトピーの人のためのオーガニックシャンプー選び

普通肌の人なら、市販されているシャンプーを使っても、頭皮がひりひりしたりかぶれたりすることはないでしょう。
ですが敏感肌やアトピーの人だと、痛みを感じたりかゆみや発疹などの症状が現れることがあります。
これはシャンプーに使われている化学物質に対するアレルギー症状なので、敏感肌やアトピーの人はオーガニックシャンプーがおすすめです。

敏感肌やアトピーの人が気をつけること

敏感肌やアトピーに人は、頭皮のバリア機能が低下している状態です。
バリア機能は異物が入り込まないようにする機能なので、これが低下しているとシャンプーに使われている添加物が入ってきてしまうので、体はアレルギー反応を起こします。
アレルギーを引き起こすアレルゲンは人によって違いますが、シャンプーの場合だと合成界面活性剤やパラベンなどの添加物が主な原因となります。
ですので、敏感肌やアトピーに人はこれらの添加物が使われていないシャンプーを選びましょう。

オーガニックならなんでも良いの?

頭皮に刺激を与える添加物が入っていないシャンプーと言えばオーガニックシャンプーを思い浮かべる方も多いでしょう。
確かに、オーガニックシャンプーに頭皮や髪に優しい成分を使っていますが、すべて天然由来の成分であるとは限りません。
天然由来の成分は化学合成したものもありますし、防腐剤などは化学成分が使われているものもあります。
敏感肌やアトピーの人はちょっとした刺激でもアレルギー症状が起こることがあるので、オーガニックシャンプーであっても化学合成物質が入っていないかをしっかりチェックしてください。

オーガニックシャンプーの値段は高い?一般シャンプーとの比較

結論から言うと、オーガニックシャンプーは値段だけ見れば一般シャンプーよりも割高です。
もちろんオーバニックシャンプーと一口に言っても、発売しているメーカーはたくさんあるので値段には幅があります。
一般シャンプーと比較してものすごく高額と感じるものもあれば、ちょっと高いかなという程度の値段もありますがこれには理由があるのです。

オーガニックシャンプーは高いのか?

オーガニックシャンプーが高いのは、配合されている成分の質に理由があります。
オーガニックシャンプーに使われている成分のほとんどは、天然由来の植物などから抽出したものです。
簡単に作れる化学合成物質と違い、植物から成分を抽出するにはかなりの手間暇がかかります。
手間暇がかかるということは、それだけコストをかけるのですからその分お値段も高くなるのです。
しかし、髪や頭皮へのダメージ、抜け毛や薄毛のリスクは大幅に軽減されるので、髪の健康を守るという点で見れば高いとも言えないでしょう。

一般シャンプーとの違い

ドラッグストアなどで販売されている一般のシャンプーは、高級アルコールシャンプーに分類されます。
これらのシャンプーがお手頃価格で購入できるのは、オーガニックシャンプーと違って低コストで製造できる成分が使われているからです。
例えば洗浄成分だと、オーガニックシャンプーは天然由来のベタインやコカミドプロビルベタインなどが使われています。
一般シャンプーは合成界面活性剤といって、安価で大量生産できる洗浄成分を使っています。
このように、同じシャンプーであっても使用する成分がまったく違うため、値段にも違いが出るのですね。

オーガニックシャンプーの正しい使用法とテクニックをチェック

オーガニックシャンプーは、髪や頭皮に優しい成分が使われているので、普通のシャンプーよりもダメージが少なく傷んだ髪も健やかにしてくれます。
しかし、間違った使い方をしてしまうとオーガニックの効果を活かすことはできません。
また、少しテクニックを加えるだけで、普通に使うよりも効果を高めることができるので、正しい使用法とテクニックをチェックしてみましょう。

正しい使用法

正しい使用法でまず大事なのがプレ洗いです。
人肌程度のぬるま湯で、髪の根元から全体をしっかり濡らして汚れを落としておきましょう。
汚れが落ちることでシャンプーも泡立ちやすくなりますし、頭皮の汚れも浮き上がって落としやすくなります。
きちんとプレ洗いをしたら、手のひらに100円玉ぐらいのシャンプーを取って泡立ててください。
洗顔と同じぐらいたっぷりの泡を作ったら、生え際や襟足に乗せて指の腹を使いながら、頭皮をマッサージするイメージで頭頂部に向かって洗っていきます。
洗い終わったら、下から上に向けてシャワーを当てながら全体を5分ほど洗い流すというのが正しい使用方法です。

効果を高めるテクニック

オーガニックシャンプーには、保湿成分が配合されているものがありますし、そもそも天然由来の成分は栄養があります。
ですのでオーガニックシャンプーを使うと、頭皮の保湿効果や髪を美しくする効果を得られるのですが、ちょっとしたテクニックでさらに高めることができます。
それはシャンプー前の頭皮ブラッシングです。
ブラッシングで髪を梳かしておくと摩擦によるダメージを防げますし、頭皮をブラッシングすると血行が促進されて栄養分が行き渡り髪の健康を促進してくれます。


頭皮環境を整えるのに人気になっている馬油シャンプーについて紹介しています。