良くないと言われているラウリル硫酸とは

MENU

良くないと言われているラウリル硫酸とは

市販のシャンプーの表示表を確認すると、必ずといっていいほどラウリル硫酸という成分が入っていることがわかります。
しかし、この成分が配合されているシャンプーはあまり良くないとされ、なるべく避けた方がいいとも言われています。
ラウリル硫酸をシャンプーに入れることで、泡立ちや洗浄力がアップするため、洗い心地や洗髪あとのサッパリ感など、使った人が気持ちよくなるシャンプーに仕上げることができるようです。
しかし、その一方で洗浄力が思っている以上に強いことから、ホコリや汚れだけでなく、必要な皮脂までも取り除いてしまうため、皮膚が乾燥しやすくなり、フケや痒み、さらには炎症の恐れもあります。
また、頭皮の環境が悪いために抜け毛や薄毛の原因にもなりかねません。
このように、使っていると良くない症状が出てきる可能性があるとして、ラウリル硫酸が入っているシャンプーは使わないという選択もできます。
ただ、こうしたシャンプーを使っても全く問題ない方も大勢いるもの事実のため、一概に悪者呼ばわりするのはよくないようにも思います。
そのため、無理に変えるのではなく、自分が気に入ったシャンプーを使っていくことが一番重要なのではないでしょうか。