シリコンの特徴と良くない理由

MENU

シリコンの特徴と良くない理由

ノンシリコンシャンプーなどと言う商品があり、流行しているため漠然とシリコンには良くないイメージがあります。
その実本当に良くないのか、というと安全や健康面からはほとんど害が無いといっても良いでしょう。
もっと正確に言うとケースバイケースです。

 

例えば髪のダメージが蓄積している人にとってはノンシリコンシャンプーは適しません。
理由としては、そもそもシリコンには補修成分が入っているので、補修成分入りのほうのシャンプーが適しているのです。
ただし、その場合でもあまりにも多量に含まれているものは避けるべきです。
しかし一方では通常のシャンプーよりもノンシリコンシャンプーが適している場合があります。
それは油分が多い髪質の場合です。
頭皮に詰まってしまうので逆効果になってしまうわけです。

 

他にも補修成分が含まれていることから健康な髪質の人なども利用を避けたほうが無難です。
このようにこの2種類のシャンプーにはそれぞれ特徴があり、使用する際には自分の髪質と相談しなければなりません。
無条件にどちらの方が良い、と言うことにはならないのです。
このようにそれぞれ一長一短がありますが、商品の説明に惑わされず自分の判断が出来るように商品に対する知識をつけることが大切です。